• 2017.12.26
  • 投稿

【カジノゲームの賭け方・必勝法】モンテカルロ法の使い方を徹底解説!

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。
今回はモンテカルロ法について紹介していきます。

モンテカルロ法は少ない勝ち数で利益を生む必勝法です。
この手法はマーチンゲール法の次に有名な必勝法で、3倍配当ゲームで損失を抑え、利益を積み上げたい時に使えます。

蒼井 那奈
モンテカルロ法は2倍配当ゲームでは使えないんですか?
笠原 豪
一応使えるんだけど、3倍配当ゲームで使った方が効率良く利益を出せるよ。あと、モンテカルロ法はメモ必須だから、オンラインカジノ向きの必勝法だといえるぜ!

この記事では、「モンテカルロ法の使い方」「モンテカルロ法のメリット・デメリット」「本当に使えるのかどうか」など、幅広く解説していきます。

◆この記事を読んだらわかること◆
✅モンテカルロ法の使い方
✅モンテカルロ法のメリット・デメリット(重要)
✅モンテカルロ法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法は連敗しても少ない勝ち数で利益を出せる必勝法です。

この必勝法ではメモを使用するので、紙とペンをご用意ください。

では、1単位1ドルで説明していきたいと思います。
(メモする数字は各ゲーム賭け金の単位数を表します)

①メモに[1,2,3]と書く
②両端にある数字を足し合わせ、最初のゲーム賭け金を決める
(1+3=4ドル)
③負けた場合、前回賭け金を右端に追加する
④両端の数字を足し合わせ、次ゲームの賭け金を決める
(1+4=5ドル)

 さらに負け続けた場合も、同様の操作で賭け金を決定します。
勝った場合は、ゲームの配当によってその後の操作が異なります。

2倍モンテカルロ法の使い方

2倍モンテカルロ法は 勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍 のゲームで用います。

2倍モンテカルロ法でゲームに勝った場合は、両端から1つずつ数字を削り、残った数字の両端を足して次ゲームの賭け金を決定します。

 以上の操作を続け、数字が全てなくなるか、残り1つになったら1サイクル終了です。
 

3倍モンテカルロ法の使い方

3倍モンテカルロ法は勝敗確率1/3、配当倍率(オッズ)3倍のゲームで用います。

3倍モンテカルロ法でゲームに勝った場合は、両端から2つずつ数字を削り、残った数字の両端を足して次ゲームの賭け金を決定します。


3倍も2倍モンテカルロ同様、数字が全てなくなるか、残り1つになったら1サイクル終了です。

モンテカルロ法のメリットについて学んでおこう!

モンテカルロ法のメリットは次の3点です。

  • 連敗時の賭け金が大きくなりづらい
  • 3倍配当であれば、1サイクル終了時に必ず利益が出る
  • 落ち着いてゲームができる

ここでは、連敗時の賭け金推移とその合計額に焦点を当ててマーチンゲール法と比較してみましょう。

ご覧のとおり、マーチンゲール法とモンテカルロ法では約1.5倍の賭け金差が生まれていることが分かりますね。

また、この手法は3倍配当のゲームで使えば、1サイクル終了時にそれまでの損失を必ず取り戻すことができます。

さらに、1サイクル終了ごとにメモを取って次ゲームのベット額を決めるので、落ち着いてコツコツ取り組みたい時に使えます。

モンテカルロ法のデメリットを学んでおこう!

モンテカルロ法のデメリットは次の2点です。

  • 大きな利益は見込めない
  • 数列の数が増えると1サイクル終了に時間がかかる

モンテカルロ法は低リスクで損失を回収していくことがメインの目的なので、 利益を大きく伸ばす目的では使えません。

また、勝ち負けが交互に続く場合や、連敗が続く場合は、数列の数が大きくなるため、1サイクル終了までに長い時間を要します。

笠原 豪
モンテカルロ法はメモを取る必要があるから、オンラインカジノだからこそ使える必勝法といえるぞ。 メモの取り方はベラジョンカジノの無料プレイで遊びながら覚えていくといいぜ!

モンテカルロ法は本当に使えるのか?

では、本当にモンテカルロ法を使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

モンテカルロ法は勝率1/3のカジノゲームで使用すると効果を発揮しやすいので、ルーレットで配当3倍のコラムベット・ダズンベットを賭け対象とします。

ルーレットの詳しいルールについて知りたい方はこちら

【準備】

まず、準備として紙に[1,2,3]をメモ。
今回はメモの「1」が表す1単位の額は、5ドルに設定します。

最初の賭け金は両端の数字(1,3)を足し合わせた単位数分、つまり4×5=20ドルです。

【1ゲーム目:ダズンベット「1-12」】


結果:黒の35 勝敗:×
損益:-20ドル 合計:-20ドル

負けた場合、賭けた単位数を数列の右端に追加します。
(前)[1,2,3]
(後)[1,2,3,4]

次ゲームの賭け金は両端の数字(1,4)を合計した単位数分、つまり5×5=25ドルです。

【2ゲーム目:コラムベット「上段」】


結果:0 勝敗:×
損益:-25ドル 合計:-45ドル

負けたので、数列には賭けた単位数「5」を追加します。
(前)[1,2,3,4]
(後)[1,2,3,4,5]
次ゲームの賭け金は1+5=6単位分、つまり6×5=30ドルです。

【3ゲーム目:コラムベット「下段」】


結果:赤の14 勝敗:×
損益:-30ドル 合計:-75ドル

数列には次のように書き加えます。
(前)[1,2,3,4,5]
(後)[1,2,3,4,5,6]

次ゲーム賭け金は1+6=7単位分、7×5=35ドルです。

【4ゲーム目:コラムベット「下段」】


結果:赤の1 勝敗:○
損益:70ドル 合計:-5ドル

勝った場合は、数列の両端から数字を2個ずつ消します。
(前)[1,2,3,4,5,6]
(後)[   3,4   ]
次ゲーム賭け金3+4=7単位分、7×5=35ドルです。

【5ゲーム目:ダズンベット「13-24」】


結果:黒の6 勝敗:×
損益:-35ドル 合計:-40ドル

数列には次のように書き加えます。
(前)[3,4]
(後)[3,4,7]
次ゲーム賭け金は3+7=10単位分、10×5=50ドルです。

【6ゲーム目:コラムベット「中段」】


結果:赤の32 勝敗:○
損益:100ドル 合計:60ドル

数列に残り3つしか数字がない状態で勝ったら、数字は全て消え、1サイクル終了です。
(前)[3,4,7]
(後)[   -   ]

今回の戦績をまとめると以下のようになります。

負け数が多くても、数列の数が消えればしっかり利益が出ていますね。

ただ、今回のように1単位を5ドルに設定しても、負けが続くとそれなりに賭け金も大きくなってしまいます。

その点を考慮すると、1単位あたりの賭け金は自己資金の15~20分の1程度に設定した方がより成功率は高まるでしょう。

最後に〜モンテカルロ法を使って堅実にお金を増やそう〜

いかがでしょうか。
モンテカルロ法は負け数より少ない勝ち数でも利益が出る必勝法です。

配当3倍のゲームで使うならば、この手法を成功させるために連勝は必要ありません。また、連敗しても賭け金を比較的抑えやすいので、大きなリスクを抱えずに利益を積み上げていくことができます。

本場カジノではメモ禁止ですが、オンラインカジノなら自宅でゆっくりメモを取りながらモンテカルロ法を実践できますよ!

◆この記事のポイント◆
モンテカルロ法は1サイクルで損失を回収し、利益も出す必勝法。
勝率1/3・配当3倍なら1サイクル終了時に利益が必ず出る。
メモは[1,2,3]からスタート。ゲームの賭け金は両端の合計単位数。
負けたら賭け単位数を数列の右端に追加。
3倍モンテカルロ法なら、勝ったら両端の数字を2つずつ消す。
2倍モンテカルロ法なら、勝ったら両端の数字を1つずつ消す。

笠原 豪
さっそくモンテカルロ法を試したいなら、オンラインカジノの無料プレイを使うといいぜ!
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だ!

蒼井 那奈
他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!
日本語対応の40サイト以上を徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!

関連記事

注目コンテンツ