【ツイン・スピン(Twin Spin)最新攻略ガイド】遊び方や特徴を徹底解説!

ツイン・スピン(Twin Spin)は、オンラインカジノで遊べる人気ビデオスロットです。シンプルでわかりやすいゲーム画面とルールが特徴で、業界大手のソフトウェア会社NETENT社がリリースしています。

今回は、そんなツイン・スピンの遊び方や配当、攻略方法まで詳しく紹介していきます。

ツイン・スピンはモダンなデザインでありながら、どこか懐かしさを感じさせるスロットです。ボーナスステージやフリースピン機能は一切なし!そのかわり、ランダムで隣り合ったリールのシンボルがシンクロする「ツインリール・フィーチャー」は必見です。全てのリールで発動することがあるので、一撃で高配当獲得を狙いましょう。

当サイトは公平なレビューを提供し、記事中で紹介している他社広告は評価に影響しないことをお約束します。
また、当サイトはオンラインギャンブルが合法な国に居住する方々に向けて提供しています。利用者は居住国の法律を遵守しながらご利用ください。詳細については、執筆・編集ガイドラインプライバシーポリシーをご覧ください。

この記事を読んだらわかること

  • ツイン・スピン(Twin Spin)とは
  • ツイン・スピン(Twin Spin)の配当
  • ツイン・スピン(Twin Spin)の遊び方
  • ツイン・スピン(Twin Spin)の還元率
  • ツイン・スピン(Twin Spin)でオススメの攻略法

ツイン・スピン(Twin Spin)とは

ツイン・スピンは、オンラインカジノの大手ソフトウェア会社『NETENT』社によって2013年にリリースされたビデオスロットです。ライン数は5×3とオーソドックスな見た目ですが、煌びやかなシンボルやスタイリッシュなゲーム画面が特徴的です。

ツインスピンは、フリースピンやボーナスゲーム等がない代わりに、ランダムで2つ以上のリールが同じシンボル配列となる『ツインリール・フィーチャー』が搭載されています。

このエキサイティングなゲーム性が人気となり、以下の3種類の派生スロットもリリースされています。

  • Twin Spin Deluxe
  • Twin Spin Happiness
  • Twin Spin Megaways

ツイン・スピン(Twin Spin)の基本スペック

ツイン・スピンの基本的なスペックを下記にまとめました。

名称Twin Spin
ソフトウェアNETENT
ペイライン243
リール数3×5
ベット額 MIN/MAX $0.25/$125
ジャックポット
高速スピン
フリースピン
オートスピン
還元率RTP95.05%
リリース年2013年

開発・提供しているNETENT社は、高品質でエンターテイメント性が高いのに加えてシンプルなルールと操作性で遊びやすいカジノゲームを多数リリースしています。

ツイン・スピンの配当

ツイン・スピンは、同じシンボルが左側から順番に3列以上出現すると配当成立です。

配当はシンボル数や列・賭け金によって変動するため、どのシンボルがどの程度の配当になるかチェックしておきましょう。

各シンボルの配当は、プレイ画面左下にある『i』マークから確認できます。

ツイン・スピンの各シンボルの配当表

各シンボルの配当はコイン額と揃ったリール数で変動します。

例えば、0.2ドルのコインに設定してプレイして数字の『10』シンボルが左から3列揃った場合、0.2ドル×3倍=0.6ドルの払い戻しです。

ここでは当選倍率ごとに配当をまとめました。

ボーナスシンボル

ワイルド
他のシンボルの代わりになる
高配当シンボル
5列:1000倍
4列:250倍
3列:50倍
中配当シンボル
5列:500倍
4列:150倍
3列:30倍
5列:400倍
4列:100倍
3列:15倍
5列:250倍
4列:75倍
3列:10倍
5列:250倍
4列:75倍
3列:10倍
小配当シンボル
5列:40倍
4列:15倍
3列:4倍
5列:40倍
4列:15倍
3列:4倍
5列:40倍
4列:15倍
3列:4倍
5列:25倍
4列:10倍
3列:3倍
5列:25倍
4列:10倍
3列:3倍
5列:25倍
4列:10倍
3列:3倍

ツイン・スピンのシンボルはシンプルで覚えやすいのが特徴です。

ダイヤモンドが高配当トランプの数字が小配当それ以外の『BAR』やチェリーなどは中配当と覚えると良いでしょう。

ツイン・スピンのワイルドシンボル

ワイルドシンボルは、トランプのジョーカーのように全てのシンボルの代わりになります。

1〜5リールのどこでも出現し、後述するツインリール・フィーチャーでも出現する可能性があります。

ツイン・スピンのペイライン

ツイン・スピンのペイラインは243通りあり、左から3列以上同じシンボルが出現したら配当成立です。

配当の項目でも紹介しましたが、左から連続揃わなければ配当は成立しないので注意しましょう。

ペイラインは固定されており、3(1列目)×3(2列目)×3(3列目)×3(4列目)×3(5列目)= 243通りの当選パターンがあります。

ツイン・スピン(Twin Spin)のツインリール・フィーチャー

ツイン・スピンにはフリースピンやボーナスゲームといった当たり演出は存在しません。

その代わり、スピン中にランダムで発動する『ツインリール・フィーチャー』が搭載されています。ツインリール・フューチャーとは、ランダムで隣り合った列(リール)のシンボルがシンクロするシステムです。

1〜5リールのどこにでも発動し、演出時は、上の画像のようにネオンがリールを囲います。また、シンクロするリール数は、2列だけではなく、最大5列まで拡張するため、高額配当が狙いやすいです。

全てのリールがツインリール・フィーチャーとなった場合、最大270,000コインが期待できます。

ツイン・スピンの遊び方

ここからはツイン・スピンの実際のプレイ画面を交えながら遊び方を解説していきます。

初めての人でもシンプルなルールでわかりやすいので是非遊んでみてください。

ベット額設定

まず、ツイン・スピンを起動したら好みのベット額を設定します。

ベット額は、コイン枚数とコイン1枚に対する賭け金額の2つによって構成されていて、いずれもプレイ画面下部にて設定可能です。

スピンボタンの左側にある『レベル』はレベル1〜10まで設定でき、レベル数×25枚のコインが付与されます。スピンボタン右側にある『コインの種類』はコイン1枚に対する賭け金額の設定となっていて、0.01〜0.5ドルまで選択可能です。

この2つを組み合わせると、0.25〜125ドルまで細かくベット額を設定できます。

オートプレは最大1000回

ツイン・スピンには自動でスピンできる『オートプレイ』も可能です。

オートプレイをクリックするとプレイ画面左下に以下のような画面が表示されます。

  • ①の詳細設定ではオート中の停止条件が設定可能です。
  • ②ではスピン回数の上限が設定できます。

スピンを押してゲームスタート

賭け金額やオートスピンの設定ができたら、画面最下部にあるスピンボタンを押してゲームスタートです。

シンボルが揃えば配当が確定

シンボルが揃えば配当成立となり、払い戻しが行われます。

ツイン・スピン(Twin Spin)の還元率

ツイン・スピンの還元率は95.05%と、ビデオスロットの中でも高め設定です。

通常のスロットやジャックポット付きのスロットなどは低ければ90%を下回るものも多いため、ツイン・スピンの95.05%はかなり良心的な還元率と言えるでしょう。

なおツイン・スピンの還元率は、プレイ画面右下にある『?』アイコンから確認できます。

『?』アイコンをタップするとゲームヘルプが表示されるので、下にスクロールして確認してみましょう。

ツイン・スピン(Twin Spin)で使える攻略法

ツイン・スピンは還元率が一定で、賭ければ賭けるだけ還元率に収束するため、明確な必勝法はありません。

しかし、複雑なルールやボーナス条件がないため、スピン回数を予め決めておいたり、スタート時の金額よりを超えたらゲームを止めるなど、目標額を事前に計画して賭けるのが良いでしょう。

ツイン・スピン(Twin Spin)で遊べるオンラインカジノ

最後に、ツイン・スピンをプレイできるオンラインカジノを紹介します。

採用しているオンラインカジノ
ベラジョンカジノ
ベラジョン
ミスティーノ
ミスティーノ
カジノシークレット
カジシク
インターカジノ
インターカジノ
遊雅堂
遊雅堂
ビットカジノ
ビット
カジ旅
カジ旅
賭けっ子リンリン
賭けリン
ボンズカジノ
ボンズ
ラッキーニッキーカジノ
ラキニキ
エルドアカジノ
エルドアカジノ

ツイン・スピン(Twin Spin)の攻略まとめ

この記事のまとめ

  • ツイン・スピン(Twin Spin)は、243通りのペイラインが特徴
  • ツイン・スピン(Twin Spin)は、シンプルなルールと軽快なゲーム性
  • ツイン・スピン(Twin Spin)は、隣り合った複数リールがランダムで同じシンボル配列になる

いかがでしょうか。ツイン・スピン(Twin Spin)は、ツインリール・フィーチャーによって複数のリールが連動するため、高額配当獲得の可能性が高いビデオスロットです。

軽快なBGMや配当成立時のエキサイティングな効果音も気分を高揚させてくれるので、初心者にもおすすめできるゲームです。

ツイン・スピンは多くのオンラインカジノで配信しているため、まずはお試しプレイで面白さを体験してみても良いかもしれません。

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
Skip to toolbar