ブックメーカーの陸上競技の賭け方やオッズ|攻略法も解説

今回はブックメーカーの陸上競技について詳しく紹介していきます。

陸上競技とは野外競技場や道路で行われる競技の総称で、ブックメーカーではアスレチックとも表記されます。ブックメーカーの陸上競技はサッカーや野球のように一年中できるものではなく、基本的には2年に1回の世界陸上、4年に1回の夏季オリンピックなど国際規模の大会でオッズが発生します。

陸上競技のベッティング対象となる競技オッズ種類についてまとめました。

陸上競技ベッティングで一番注目が集まるのは世界記録がかかっていたり、日本選手のメダルがかかっているレースです。100m走や4×100mリレーのオッズを見ておけば、レースをさらに楽しめますよ!

この記事を読んだら分かること

  • ブックメーカーの陸上競技のベット方法
  • オッズを表す方式(デシマル・フラクショナル・アメリカン)
  • おすすめのブックメーカー(ウィリアムヒルカジノ)

ブックメーカーの陸上競技でベッティング対象となる種目

陸上競技でベッティング対象となる競技は様々あります。全体を把握しやすいよう、タイプ別に競技を分類してまとめました。

トラック競技

  • 短距離…100m、200m、400m
  • ハードル…100mハードル(女子)、110mハードル(男子)、400mハードル
  • 中距離… 800m、1,500m、3,000m、3,000m障害
  • 長距離… 5,000m、10,000m
  • リレー…4x100mリレー、4x400mリレー(男子/女子/混合)

フィールド競技

  • 走高跳び
  • 走幅跳び
  • 三段跳び
  • 棒高跳び
  • 砲丸投げ
  • 円盤投げ
  • ハンマー投げ
  • やり投げ

ロードレース

  • マラソン
  • 20km競歩
  • 50km競歩(男子)

混成競技

  • 7種競技(女子)
    10種競技(男子)

ブックメーカーの陸上競技でベットできるオッズ

世界陸上は2年に1回、オリンピックとアジア競技大会は4年に1回開催されます。「陸上競技は年1回、7月~10月頃に開催される」と覚えておけばいいでしょう。

では、ここからは陸上競技大会でベッティング対象となる下記のオッズ種類を紹介したいと思います。

選手が対象のオッズ

陸上競技は誰が一番になるかというシンプルなスポーツですので、 優勝者予想や3位までに入賞する選手(チーム)予想のオッズがメインになります。

100m、200mで世界記録を更新したウサイン・ボルトのように、圧倒的実力を持つ選手は特にオッズが低くなりやすいです。逆に、そういった実力者が参加している競技で番狂わせがあった時は6倍~数十倍のオッズがつくこともあります。

陸上競技の中でも番狂わせの可能性が高いのはリレーです。優勝候補がバトンパスでミスをして遅れをとったり失格になることも珍しくないので、リレーベッティングではあえて2位・3位候補にベットしておくのも1つの手です。

その他特殊なベッティングオッズ

陸上競技の注目ポイントは優勝者だけでなく、世界記録更新になるかどうか等色々ありますよね。そういった見どころポイントにはだいたいオッズがつきます。

世界記録更新だけでなく、連覇するかどうか、金メダルを何個獲得できるか等にもオッズがつくので、ブックメーカーを見れば陸上競技の見どころが分かるといっても過言ではないでしょう。

ブックメーカーの陸上競技のオッズ表記は3通り

ブックメーカーの陸上競技のオッズ表記にもいくつか種類がありますが、下記の世界で使われているメジャーな表記を紹介していきます。

デシマルオッズ


デシマルオッズは小数点で配当倍率を表記する方式です。競馬・競艇等もこの表記をとっているので、日本人プレイヤーには一番馴染みやすいですね。

デジマルオッズの計算式は以下のとおりです。

「デシマルオッズ×賭け金」

この計算式の答えが総獲得賞金となります。
具体例をみておきましょう。

例:デシマルオッズ(2.00)、賭け金(100ドル)

デシマルオッズ(2.00)×賭け金(100ドル)=200ドル

予想が的中した時全部で200ドルを獲得でき、利益は200-100ドルとなります。

デジマルオッズはいくら賭けたらどのくらいお金が返って来るのかを一発で出せる簡単な表記ですね。一番使いやすくてオススメです。

フラクショナルオッズ


ファラクショナルオッズは、分数で利益比率を表したオッズ表記です。イギリス系ブックメーカーはこの表記がデフォルトになっているところが多いです。

この方式は賭け金に対する利益比率を表しているので、賭け金・利益額・損失額を比率で管理しているブックメーカー投資家にとって便利な表記といわれています。

ただ、分数や比率について理解していないと扱いにくいので、計算が苦手な方にはオススメしません。

ファラクショナルオッズは以下の計算式で見込み利益を出します。

「ファラクショナルオッズ×賭け金」

例:フラクショナルオッズ(4/5)、賭け金(100ドル)

フラクショナルオッズ(4/5)×賭け金(100ドル)=20ドル

つまり、予想が的中した時に獲得できる利益が20ドルとなります。もしデジマルオッズと同じように賭け金を含んだ総獲得賞金を出したい場合は、以下の計算式を用いてください。

「フラクショナルオッズ+1×賭け金」

アメリカンオッズ


アメリカ系ブックメーカーで使用されるオッズ表記が、アメリカンオッズです。

数値に「+」「-」が付いているのが特徴で、「+」の数字は賭け金100とした時の見込み利益を表し、「-」の数字はいくら賭けたら100の配当が得られるかを表しています。

アメリカンオッズの計算式は以下になります。他のオッズ表記と違って+、-の計算式が分かれているので注意してください。

「+」の場合:(オッズ+100)÷100×賭け金
「-」の場合:(オッズ+100)÷オッズ×賭け金

※オッズは「+」・「-」表記を取り除いて計算します。

例1:アメリカンオッズ(+160)、賭け金(200ドル)

(160+100)÷100×200=520

予想が的中した時の総獲得金が520ドル、利益が520-200=320ドルということになります。

ブックメーカーの陸上競技まとめ

この記事のまとめ

  • ブックメーカーの陸上競技ではさまざまな賭け方が楽しめる
  • 陸上競技ならではのユニークなオッズが多い
  • 代表的なオッズ表記はデシマルオッズ・フラクショナルオッズ・アメリカンオッズの3種類

いかがでしょうか。ブックメーカーの陸上競技は世界陸上やオリンピックの観戦が好きな人に向いています。

2019年ドーハ世界陸上、2020年東京オリンピックにはメダルが期待されている日本人陸上選手も数多く参戦するので、応援の気持ちでベッティングするのも面白いですよ。ブックメーカーの陸上競技について研究すれば観戦するのもさらに楽しくなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

ハル

予備校講師やセミナー講師を経て、在宅ライティング専業になりました。
Casimoでは2018年立ち上げ当初からカジノゲームや必勝法・攻略法の記事作成を担当しています。

ハル

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ