ブックメーカーのライブベットとは?賭け方・勝ち方を徹底的に解説してみた!

ブックメーカーのライブベットとは、リアルタイムで進行するスポーツベッティングできる賭け方です。

リアルタイムで状況が変化する試合に賭けるため、スポーツ好きや、試合をよく観戦するユーザーはもちろん、初めてブックメーカーで遊ぶ人にも是非知っておいてほしいベッティングです。

オッズも試合の戦況と共に変動し続けるため、スピーディなベッティングが体験できます。

ライブベットの良いところは短時間で結果が出る分何度もベットチャンスが出来る点です。うまく活用できるようになれば、1試合でどんどん利益を伸ばせますよ!

この記事を読んだら分かること

  • ブックメーカーのライブベットとは
  • ライブベットのメリット・デメリット
  • ブックメーカーのライブベットで遊べるスポーツ
  • ブックメーカーのライブベットで稼ぐための必勝法
  • ブックメーカーのライブベットの遊び方

ブックメーカーのライブベットとは

ブックメーカーのライブベットには、主に3つの特徴があります。

それぞれの特徴について解説をしていきます。

常に変動するオッズにベットできる

ライブベットのオッズは、試合の戦況に合わせて常に変動するため、どのタイミングでベットするのかによって、同じ結果でも配当が異なります。

試合直後と試合終了直前でオッズに大きな開きが生まれることも珍しくないため、試合中のどのタイミングでベットするのかを考えるのが醍醐味です。

なお、払い戻しの金額はベットした時のオッズを元に算出されます。

時間を区切ったライブ特有のオッズにベットできる

ブックメーカーでも特に人気のある、サッカーや野球、バスケットボールなどのチームスポーツは最終的な結果が出るまで時間が掛かりますが、ライブベットでは、前後半やハーフタイム、ラウンドなど試合が区切られるタイミングがあります。

例えば、「前半の結果は?」「後半の得点数は?」「このセットではどちらが勝つ?」「5分以内にゴールが決まる?」など、リアルタイムの試合進行に応じたオッズが随時用意されます。

ライブベット特有のオッズは、スポーツによって内容が変化するため、ユニークなオッズに賭けられるのも楽しみの一つです。

ライブストリーミングで観戦しながらベットできる

いくつかのブックメーカーではスポーツのライブストリーミングを配信しており、試合を見ながらベットできます。

実際にベットしなくてもライブストリーミングを視聴できるので、パソコンやスマホなどから気軽にスポーツを楽しめます。

例えば、ブックメーカーの大手サイトである『Sportsbet.io』は、ライブストリーミングと日本語に対応しており、アカウント登録をして最低額を入金しておけばスポーツが見放題です。

ライブベットのメリット

ライブベットのメリットは以下の3つです。

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

試合中の戦況を見ながらをベットできる

ライブベットは、リアルタイムで進行する試合の戦況を見ながらベットできるのがメリットです。

スポーツは試合中に何が起こるか分からないので、試合前オッズで手堅いベットしていても、実際に試合が始まれば番狂わせが起こることも有り得ます。一方で、ライブベットは試合の戦況を見ながら柔軟にオッズを選べます。

また、ブックメーカーでは試合中の各種データが常に更新されているので、分析に基づいたベットすることも可能です。

短時間で結果が出る(試合中に複数回賭けられる)

ライブベットは同一の試合で複数回ベットできる回転数の速さが魅力です。

例えば、テニスの試合でライブベットする場合、3セットまたは5セットで試合が行われるため、『それぞれのセットで何が起こるのか?』に賭けられます。

第1セットはA選手が先取点を取り、第2セットはB選手が先取点を取るといった予想ができるのもライブベットの特性です。

結果が確定するまでの時間が短く、試合中でも払い戻しを受け取れるので、得た利益でさらに別のオッズに賭けるといった遊び方もできます。

賭けるスポーツに精通していれば有利になりやすい

普段から試合観戦をしていたり、情報収集している好きなスポーツは、ライブベットの際に有利です。ライブベットは、交代プレイヤーの戦力や対戦相手の好不調、モチベーションといった様々な要素を加味した上でオッズを選ぶ必要があります。

オッズを見ただけでは分からないような情報を考慮しつつベットすることで、直感に頼って賭けるよりも勝率は上がります。

ライブベットのデメリット

ライブベットのデメリットは以下の3つです。

それぞれのデメリットについて1つずつ解説していきます。

予想データが役に立たないことがある

スポーツは、選手の怪我やジャイアントキリングなど、試合中に予想外の出来事が起こります。

そのため、ライブベットで勝つためには試合前に収集していた予想データだけを頼りにするのではなく、常に変化する戦況に応じて何にベットするか見極める力が必要です。

決断の早さが求められる

試合中のライブベットは常にオッズが変動するため、ベットするかどうかを悩んでいる間にオッズが下がったり、上がったりします。

そのため、狙っているオッズが高騰したときにベットを即決できる判断力が必要です。

試合の展開とオッズの両方を同時に見ながら判断する必要があるので、慣れない間は難しいと感じるかもしれません。

試合を見続ける必要がある

ライブベットは試合の戦況や流れを読んでベットするので、賭けを続けている間は試合を見ておかなくてはいけません。

試合前ベットは勝敗予想やスコア予想なので気軽に観戦することもできますが、ライブベットするときは常に頭を働かせながら試合観戦を続ける必要があります。

ブックメーカーのライブベットで遊べる代表的なスポーツ

ブックメーカーでは様々なスポーツにライブベットできますが、時季を問わずベットできる代表的なスポーツは以下の通りです。

それぞれのスポーツについて解説していきます。

ライブベット:サッカー

サッカーはスポーツベットの中でも特にオッズの種類が多く、様々なライブベットを遊べるのが特徴です。

日本のJリーグをはじめ、各国のリーグ戦やトーナメントなど世界中でほぼ毎日のように試合が行われ、ワールドカップやオリンピックなどの世界的な大会が開催される時は大きな盛り上がりを見せます。

ライブベット:テニス

テニスは他のスポーツと比べてオフシーズンが短いので、1年間中どのタイミングでもライブベットを楽しめます。試合数も最多レベルとあり、ブックメーカーの中でも人気です。

ライブベット:eSorts(eスポーツ)

eSportsは競技ゲームで対戦するスポーツで、最近は競技人口も増て、ブックメーカーでも注目される存在です。

日本でもeSports市場は急速に成長しており、今後はますます拡大していくでしょう。

特に、eSportsは天候や季節の影響を受けないため、年中いつでも賭けを楽しめ、ライブベットのオッズは『試合の勝敗』、『マップごとの勝者』、『ハンディキャップ』などが用意されています。

ライブベット:バスケットボール

ブックメーカーのバスケットボールでは、NBAリーグや日本リーグなど各国のリーグ戦にベットできます。屋内競技なので、雨天時などに試合が中止になることはありません。

バスケットボールのベットには『第〇クォーターの得点数』や『フリースロー得点』など、バスケ特有のオッズが用意されています。

ブックメーカーのライブベットで稼ぐための必勝法

ブックメーカーのライブベットで稼ぐための主な必勝法はこちらの5つです。

それぞれの必勝法のやり方について解説していきます。

複数のブックメーカーのオッズを比較する

ブックメーカーは、過去のデータや現在の状況などに合わせてオッズを決定しています。そのため、ブックメーカーを提供しているサイトによってオッズに差が生じることがあります。

より高額なオッズを逃がさないようにするため、実際にベットする前に複数のブックメーカーを比較しましょう。基本的には大手のブックメーカーを利用するのがおすすめです。

好きなスポーツを賭けの対象にする

先ほども紹介した通り、ブックメーカーで賭けるスポーツに精通しているほど有利になりやすい傾向にあります。

例えば、サッカーの試合にベットする場合、試合のチーム状況を詳しくリサーチし、主力選手が怪我をしているなどの情報をあらかじめ知っていれば、勝ちやすいベット予想ができます。

特に近年はコロナ禍や世界情勢もスポーツへ大きく影響を与え、獲得した助っ人選手が合流に時間がかかるなど、情報を得ておくことはブックメーカーで勝つために必要な要素です。

ライブ統計情報を駆使する

ブックメーカーで勝つためには、試合の統計情報を駆使することが重要です。過去のデータを参照することで傾向を掴めるので、ベットする際に有利となります。

ブックメーカーでは、賭ける前の準備で勝敗が決まっていると言っても過言ではありません。

サッカーの試合にベットする場合、試合に出る選手や今期の成績、これまでの成績、チーム同士の相性など、あらゆるデータを集めた上でベッティングに挑むことで、少なからず勝率を上げられます。

統計データはインターネットから気軽に閲覧できるため、活用しましょう。

マルチライブで複数の試合を追跡する

ブックメーカーでは試合中のデータが常に更新されており、進行状況の把握などに役立つのですが、マルチライブ機能を利用すれば複数の試合データを同時に閲覧できます。

マルチライブ機能では各試合の詳細データを1画面で見られます。複数の試合にベッティングして効率的に稼ぎたいときに有効な手段です。

キャッシュアウトで損切りする

キャッシュアウト(キャッシュイン)とは、試合の途中で賭けをやめて払い戻しを受け取る方法のことです。負けそうなときの損失額を抑えたり、勝ちそうなときに早めに利益を確定できます。

なお、キャッシュアウトは対応している試合としていない試合があるので注意しましょう。

例えば、ウィリアムヒルカジノでは、キャッシュアウトできる試合にはお金のアイコンマークがついています。

キャッシュアウトの金額は、試合中に常に変動します。ベットした金額を上回ったときにキャッシュアウトすればその時点で利益確定です。

どのスポーツでも試合終盤になって流れが変わり、逆転劇が起こるということも珍しくありません。勝ち目前で利益を失うのはもったいないので、試合の流れが相手方に向いていきたら、勝っているうちにキャッシュアウトしておくといいでしょう。

ブックメーカーのライブベットの遊び方

ライブベットについて理解が深まったところで、ブックメーカーでライブベットで遊ぶ方法を紹介していきたいと思います。

(1)ブックメーカーへアクセスしてライブベットを選択

まずはブックメーカーのサイトへアクセスしてライブベットが選択できるページに行きます。今回は多数のライブスポーツベットで遊べるウィリアムヒルカジノを例に出して紹介していきます。

スポーツベットのページにアクセスできたら「ライブ」を選択します。

この際、通常のスポーツベットとライブベットを間違えて選択してしまう場合があるので注意しましょう。

(2)遊びたいスポーツのライブベットを選択

ライブベットのページへ飛んだ後は、遊びたいスポーツを選択しましょう。今回はサッカーのライブベットを選択します。

サッカーの項目をクリックすれば、その種目のみ表示されます。賭けてみたいライブベットの試合を選択しましょう。

なお、ライブベットはリアルタイムで経過しますので、のんびりしていると試合が終了してしまうこともあるので、目ぼしい試合にはなるべく早くベッティングしましょう。

(3)オッズにベッティング

ウィリアムヒルでは時期によってはJリーグなど国内リーグのオッズを選べる場合がありますが、今回は他国のリーグを選択してみます。

「アディラウ対タラズ」の試合を選択しました。

今回は、シンプルに試合中にどちらが勝つかのオッズを選択します。

オッズを選択すると、右側に選択したオッズが表示されるので、そこにベット金額を入力して購入してベッティング完了となります。

なお、選択時にオッズが3.80で、右側のオッズが4.60となっているのは購入前後のタイミングでオッズが変動したためです。

このようにライブベットは常にオッズが激しく変動するため、一瞬の迷いで配当に差がつきますので気をつけましょう。

ライブベットが遊べるおすすめブックメーカーTOP5

最後にJリーグで実際に遊べるおすすめのブックメーカーを紹介します。

サイト名特徴

Sportsbet.io
・30種類以上のスポーツベットで遊べる
・日本語完全対応で遊びやすい
・オッズ表が見やすく初心者におすすめ

賭けリン
・30種類以上のスポーツベットで遊べる
・決済方法は10種類以上に対応
・厳格なマルタライセンスを取得済み

ウィリアムヒル
・30種類以上のスポーツベットで遊べる
・老舗で安全性の高いブックメーカー
・スポーツベットで使用可能なボーナス有り

カジ旅
・40種類以上のスポーツベットで遊べる
・eスポーツやマイナースポーツに力を入れている
・決済方法も10種類程度と豊富

カスモ
・30種類以上のスポーツベットで遊べる
・日本語に対応しておりサポートも充実している
・クレジットカードや電子マネー決済に対応している

ブックメーカーのライブベットまとめ

この記事のまとめ

  • ライブベットは試合開催中にベットできる
  • ライブベットは戦況を見ながらベットでき短時間で結果が出る
  • ライブベットは決断の早さと切り替えの早さがカギになる
  • 遊べる代表的なスポーツはサッカーやテニス
  • ライブベットはオッズを比較してデータを駆使しながら稼ごう!

いかがでしょうか、ブックメーカーのライブベットはなんとなく理解できたでしょうか。

ライブベットはギャンブルとスポーツ観戦の高揚感を2倍味わえるため、スポーツ好きにはたまらないベッティング方法です。

数年前までは一部のブックメーカーでしか実装されていませんでしたが、今ではどのブックメーカーでもほぼ遊べるポピュラーなベッティングです。

ブックメーカーで遊ぶ機会があれば是非一度体験してみてください。

この記事を書いた人

ハル

予備校講師やセミナー講師を経て、在宅ライティング専業になりました。
Casimoでは2018年立ち上げ当初からカジノゲームや必勝法・攻略法の記事作成を担当しています。

ハル

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ